診療案内

白内障

白内障は、レンズの役割を果たしている水晶体が濁ることにより、目がかすんだり、視界がぼやけたりする病気です。年齢を重ねることによって発症することから老人性白内障、加齢白内障と呼ぶことがあります。また年齢以外では、先天的なもの、外傷、アトピー、薬剤、放射線などが原因で発症することがあります。最近は高齢者だけでなく若くして白内障になるケースもみられます。他には、糖尿病になると水晶体が濁りやすくなることから「糖尿病性白内障」になるケースがあります。
濁りにより見えにくくなり生活に支障がでてくると手術が必要になります。
白内障手術は技術の進歩により安全な手術となった上、早期の視力回復が見込まれるようになりました。当院では日帰りでの小切開手術を行なっています。
白内障超音波手術装置、後発白内障ヤグレーザー切開装置などを完備しています。

緑内障

緑内障は、眼圧の上昇や視神経の弱さなどが原因で、視神経が障害され視野がかける病気です。白内障に並び、中高年の目の病気の中でもかかる人が多い病気であり、失明原因の1位となっています。
進行は突然痛みが出る急性のタイプと気づかないうちに徐々に進行する慢性のタイプがありますが、緑内障の特徴として、一度喪失した視野は治療で元に戻すことができません。そのためにも、定期的な検査をおすすめしています。
当院では緑内障の自動視野検査や視神経断層撮影による診断以外に、眼圧を下げ視神経を保護するための薬物治療、レーザー治療、手術治療を行っています。治療の方法については緑内障のタイプや状態に応じて相談させていただきます。
自動視野検査システム、緑内障に対する各種レーザー装置などを完備しています。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性症は、年齢を重ねることにより、網膜に老廃物が蓄積し、黄斑部が障害される病気です。もとは欧米でよくみられる病気の一つでしたが、日本でも加齢黄斑変性症の患者が増加傾向にあります。
加齢黄斑変性症になると、視野の中心部が歪んだり、視力が低下します。
当院では、網膜3次元断層撮影や造影画像診断の検査機械を設備しているため、必要に応じて、現在黄斑変性の視力改善や進行防止に最も有効な「抗VEGF 」注射治療が可能です。

糖尿病網膜症

糖尿病は、全身の血管や神経が侵され、様々な合併症を引き起こします。
糖尿病網膜症もその合併症の一つで、失明原因の上位を占めています。糖尿病網膜症は、糖尿病になった後、進行するまで進行するまで自覚症状がほとんどありません。特に今、眼に症状がない人でも、糖尿病患者の方には定期的に検査を受けることをおすすめします。
網膜症に黄斑部浮腫を合併すると視力低下やゆがみが出ますが、これには抗VFGF硝子体注射が有効です。
網膜症が進行し増殖を起こすと硝子体出血、網膜剥離、緑内障で失明の危険が出てきますが増殖への進行防止のために網膜レーザー治療を行います。
硝子体出血や増殖網膜症に対しては硝子体手術を行います。

ドライアイ

ドライアイは、涙の分泌量が減少し、量は十分でも涙の質が低下することにより、目の表面を潤す力が低下し、角膜や結膜に障害を起こす病気です。
ドライアイの症状は、目の乾燥以外に、異物感、目の痛み、眩しさ、目の疲れなど、さまざまな目の不快感があります。
ドライアイになりやすいと言われている原因はさまざまです。体質以外に長時間のパソコン、スマートフォンの使用、ソフトコンタクトレンズ使用者、喫煙者、乾燥した環境などです。ドライアイになると、慢性的に目の疲れや不快感になるため、生活の質が落ちてしまうことにもなりかねません。
当院では、ドライアイの各種点眼処方に加え、涙液の排出を減らす涙点プラグ治療も行なっています。

疲れ目

目を休ませても疲れが取れず、目の痛みや頭痛をおこしたり、かすんで見えたり、回復しても再びすぐに目の疲れが出てきたりするものは眼精疲労といわれます。近年、スマートフォンやタブレット端末による眼精疲労が大変増加してきています。眼鏡が必要か、度数が合っているか、生活習慣の改善が必要か、緑内障やドライアイが合併していないかなどのチェックも必要です。

硝子体注射

硝子体注射は、加齢黄斑変性への最も先進的な治療とされています。「抗VEGF 抗体」という薬剤の投与治療を硝子体注射により行います。他には黄斑浮腫の患者に対しても有効的な治療とされています。

疲れ目

疲れ目は一般的には一晩ゆっくり眠って目を休ませると、回復するような目の疲れのことです。しかし、十分に睡眠をとるなど目を休ませても疲れが取れず、目の痛みや頭痛をおこしたり、かすんで見えたり、回復しても再びすぐに目の疲れが出てきたりするものは眼精疲労と診断されます。近年、スマートフォンなどのタブレット端末による眼精疲労が大変増加してきています。眼鏡・コンタクトレンズが必要か、度数が合っているか、生活習慣の改善が必要か、ドライアイが合併していないかなどのチェックが症状の改善につながります。治療が遅れると症状が慢性化することが多いので、早めの受診をお勧めします。

眼鏡処方

お子様の初めての眼鏡から、大人の老眼鏡まで処方しています。お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

ご相談はお気軽に

目の不調に悩んでいませんか?

まずはお気軽にご連絡ください

tel:0423002200

SP_btn_tel_001.png