治療案内

レーザー治療

飛蚊症の眼底検査で網膜裂孔や眼底出血が発見された場合、網膜剥離への進行や出血の治療のために網膜光凝固を行います。
糖尿病網膜症や網膜出血に対して増殖へ進行して失明に至るのを防止するための網膜光凝固を行います。
緑内障で眼圧を下げたり急性緑内障発作の予防のためそれぞれのタイプに応じたレーザーを行います。

硝子体注射

「抗VEGF 抗体」という網膜の病気の原因となる新生血管の活動を抑える薬剤の投与を硝子体注射により行います。
この硝子体注射は、加齢黄斑変性の視力改善や進行防止に現在最も効果のある治療とされています。
他には糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症に合併する黄斑浮腫で視力が低下する患者さんに対しても有効な治療です。

白内障手術

局所麻酔で顕微鏡を使って行います。2mm程度の小さな切開で濁った水晶体を超音波手術装置で取り除き、眼内レンズを挿入する小切開白内障手術を日帰りで行なっています。
眼帯も不要でその日のうちに視力の回復が見込まれるため、日常生活にすぐに戻っていただくことが可能です。

硝子体手術

硝子体は、眼球の中にある、透明で卵白のようなゼリー状の組織のことを言います。硝子体が原因で網膜を引っ張ったり、炎症を起こしたり、濁ることで目にさまざまな疾患を引き起こします。
硝子体出血、網膜剥離、増殖硝子体網膜症、黄斑前膜など硝子体と網膜が関連し進行した病気を治療するため、硝子体を切除、吸引除去し網膜を治療する手術です。
当院での硝子体手術は局所麻酔にて行い、白目に0.5㎜程度の創口を開け、そこから器具を眼内に挿入し、硝子体中の出血や混濁などを取り除き、網膜の原因疾患を処置します。

ドライアイ

ドライアイは、涙の分泌量が減少し、量は十分でも涙の質が低下することにより、目の表面を潤す力が低下し、角膜や結膜に障害を起こす病気です。
ドライアイの症状は、目の乾燥以外に、異物感、目の痛み、眩しさ、目の疲れなど、さまざまな目の不快感があります。
ドライアイになりやすいと言われている原因はさまざまです。体質以外に長時間のパソコン、スマートフォンの使用、ソフトコンタクトレンズ使用者、喫煙者、乾燥した環境などです。ドライアイになると、慢性的に目の疲れや不快感になるため、生活の質が落ちてしまうことにもなりかねません。
当院では、ドライアイの各種点眼処方に加え、涙液の排出を減らす涙点プラグ治療も行なっています。

疲れ目

目を休ませても疲れが取れず、目の痛みや頭痛をおこしたり、かすんで見えたり、回復しても再びすぐに目の疲れが出てきたりするものは眼精疲労といわれます。近年、スマートフォンやタブレット端末による眼精疲労が大変増加してきています。眼鏡が必要か、度数が合っているか、生活習慣の改善が必要か、緑内障やドライアイが合併していないかなどのチェックも必要です。

硝子体注射

硝子体注射は、加齢黄斑変性への最も先進的な治療とされています。「抗VEGF 抗体」という薬剤の投与治療を硝子体注射により行います。他には黄斑浮腫の患者に対しても有効的な治療とされています。

疲れ目

疲れ目は一般的には一晩ゆっくり眠って目を休ませると、回復するような目の疲れのことです。しかし、十分に睡眠をとるなど目を休ませても疲れが取れず、目の痛みや頭痛をおこしたり、かすんで見えたり、回復しても再びすぐに目の疲れが出てきたりするものは眼精疲労と診断されます。近年、スマートフォンなどのタブレット端末による眼精疲労が大変増加してきています。眼鏡・コンタクトレンズが必要か、度数が合っているか、生活習慣の改善が必要か、ドライアイが合併していないかなどのチェックが症状の改善につながります。治療が遅れると症状が慢性化することが多いので、早めの受診をお勧めします。

メガネ処方

お子様の初めての眼鏡から、大人の老眼鏡まで処方しています。お気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

ご相談はお気軽に

目の不調に悩んでいませんか?

まずはお気軽にご連絡ください

tel:0423002200

SP_btn_tel_001.png